旅行業務取扱管理者の独学で受かるかどうか、最新の真相を解き明かします


旅行業務取扱管理者の試験は、最近よく注目されるようになり、独学受験を考える人もよく見かけられるようになっています。
旅行業務取扱管理者の資格は、難しすぎない試験というイメージもあり、独学で受かった人も数えると……けっこうな数になるそうです。

つまり、独学はこの旅行業務取扱管理者の場合ならまったくの無謀行為ではありません。
やり方を間違えないこと(あとで説明したいですが)が、そのためには必要となりますが。


・旅行業務取扱管理者の独学は最初の判断が重要です


旅行業務取扱管理者試験を目指すなら、「コスパがいい方法」で……というわけで独学が検討されるケースがけっこうあります。
……独学は、家から出る必要がないですし、教科書を買い集めればOKというイメージも強いでしょう。誰からも教えてもらうことができない点がネックではあるものの。

旅行業務取扱管理者の独学は初めの段階で、方法論を見誤らないことが肝心です。
そこを次ページ以降で汲み取ってほしいと思っています。
サイト全体の各所にヒントになる情報をちりばめてあります。


・旅行業務取扱管理者の資格獲得は、独学にせよ何にせよ早く成功させるべきです


現在は長年の不況から転換を迎える時機にあたります。旅行業界もその影響を多分に受けることになります。
一目散に受験勉強、そして合格+資格獲得を終わらせてしまうほうが賢明です。
旅行業界は今大きな転換期を迎えています。

これまでとは違ったパッケージツアー等がどんどん企画されている時代ですし、早く現場に飛び込んだほうが、この先の旅行業界で新しい客層を築くこともできて、とにかく都合がよいはずです。


・なぜ「旅行業務取扱管理者」なのか? 


旅行業務取扱管理者試験は、旅行業界ではよく名前が飛び出す資格です。
つまり、旅行関係の会社に就職したり、いい待遇を受けたりするにはとても「ご威光」がある資格だというわけですね。

それに、添乗員・ツアーコンダクターの仕事をする上で役立つ実用的な知識がかなり多く試験に出されるため(添乗員にはまた別の資格があるのですが)、旅行業界で食べていくなら何かと使い勝手のいい資格でもあるのです。


・2つあるどちらの試験も、キャリアの飛躍の機会をつかませてくれます


旅行業務取扱管理者には、「国内旅行業務取扱管理者」と「総合旅行業務取扱管理者」と2通りありますが、どちらの資格も別々に需要がけっこうあります。
独学で目指すにしても、どちらの旅行業務取扱管理者資格にもメリットがたっぷりとあるのです。


・独学のチャンスと方法論は、正確に身につけないといけません


「国内旅行業務取扱管理者」と「総合旅行業務取扱管理者」それぞれで独学できるかどうか、それが成功するならどんなことが必要なのか、事細かに次ページから解き明かしていきます。



Q.初学者でも無理なくできる勉強法とは?

>> この方法なら知識いらずで旅行業務取扱管理者に合格出来ますよ。